砂上工場

砂上工房(http://citaatelier.web.fc2.com/)を構成するメンバー3人のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千雨はプレインズウォーカーになったようです。その2

とりあえず、続きがかけたので短いですけど、のせておきます。

千雨はプレインズォーカーになったようです。その2

平穏とはすばらしい。
千雨は麻帆良行きの電車に揺られながらそんなことを考えた。
思えば、この春休みは散々だった。
異世界転移なんておかしなことを体験し、そこで出会った男に魔法なんて非常識な技術を7つも学ばされたのだ。
だが、そんな世界も昨日でおさらばだ。中等部への入学という区切りで幕を下ろした。正確に中等部への入学は明日からだが。
今日は寮への引越しである。
とは言っても荷物の大半はすでに運び込まれている。自分の手で持っていくものは手荷物くらいだ。
彼女は手提げの中からノートパソコンを取り出した。薄さと軽さを売りにした今春発売の最新機種であるそれは、入学祝に両親がくれたものである。
今しがた思いついたブログの内容を打ち込もうと、キーボードへ手を添える。そして、人差し指を軽く上げるのだが、そこで彼女の動きは止まった。
別に何が起きたというわけではない。あえて言うならば、電車が麻帆良の市街地へと入ったくらいだ。
……表面上は。
プレインズウォーカーとなった時に目覚めた感覚が千雨にアラートを発する。ここは、誰かのテリトリー内だ。気をつけろと。
彼女はゆっくりと、不自然にならないように気をつけながら電車の外へと目を向けた。
上空にはいつもどおりの空が広がっているはず。期待を込めて見上げたそこは、薄緑色の膜に覆われていた。
それが何なのか、千雨にはすぐに分かった。実際に見るのは初めてだが、すぐに理解する。
結界。
男に詰め込まれた知識と照らし合わせて、彼女はそう判断する。
誰が? 何のために?
疑問が頭に浮かんでくるが、まずは結界の効果のほうが重要だ。
結界の中には、内部の人間を衰弱死させるものもあると聞く。
体になんらだるさを感じないところを見るとそういう類のものではないようだが、油断は禁物だ。
彼女は結界の術式を読み解こうと目を凝らす。残念ながらその魔法の構成は彼女の知るものとは違っていた。
しかし、プレインズウォーカーにとって、構成の違いなど些細なことだ。千雨達の目は術式に関係なく、その本質をつかむことができる。
麻帆良を覆う結界は様々な効果を持て居るらしい。
その中でも多くのリソースを割かれているのは認識阻害か?
そのことが千雨の中に長年渦巻いていた疑問をすとんと解消する。
何を言っているのか分からない。
千雨はその目を思い出す。
困惑する目、馬鹿にし蔑む目、おかしな人間を見る目。
そのトラウマを思い出す。
ちくしょう。そういうことかよ。
彼女は理解した。あんな目で見られていた理由を理解した。
彼らが、そんな目をしていたのは当然のことだった。
彼らは別段特別に大らかで何も考えていないという訳ではない。普通の感性を持っていた人間だったのだ。
そう、普通の人間が魔法で無理やり、疑問を持たない、なんでも許容してしまう人間にされていただけなのだ。
そして、この結果を張ったのは……
怪しいと思われる人物をピックアップする。
異常な身体能力を持つ広域指導員。
異質な技術力を持つ工学部。
そして、後は……
人ではないが、常軌を逸した大きさを誇る世界樹だ。
異世界には、歩き回る植物、ツリーフォークなる生物も居るらしい。
あの世界樹が思考を持ついう可能性も捨てきれない。
自分の世界に魔法がないなんて言ったことを今更ながらに間違いだったことに気づく。
彼女の知らないだけで、こんなにも近くに魔法は存在していたのだ。
そのことに気づいた自分はどうするべきか?
千雨は考える。考えるが答えは何もなかった。
いや、分かりにくいので言い直そう。何もないという答えが出たのだ。
別にこの結界を張ったものと対立しているわけではない。そいつに恨み言のひとつでも言いたい気持ちはあるが、ただそれだけだ。
自分に害のない限り、放置することに決める。
ただ、今からでも遅くないから、学校を変わることができないかと思った。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/05(土) 13:05:43|
  2. 千雨はプレインズウォーカーになったようです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<千雨はプレインズウォーカーになったようです。その3 | ホーム | 千雨はプレインズウォーカーになったようです。>>

コメント

誤字報告

×プレインズウォーカーとなった時に目覚めた感覚が千雨にアラームを発する。

○プレインズウォーカーとなった時に目覚めた感覚が千雨にアラートを発する。

*警告という意味ならアラームよりもアラートのほうがあっていると思います。

×しかし、プレンズウォーカーにとって、構成の違いなど些細なことだ。

○しかし、プレインズウォーカーにとって、構成の違いなど些細なことだ。

×常軌を逸した大きさを誇る世界中だ。

○常軌を逸した大きさを誇る世界樹だ。

×あの世界寿賀思考を持ついう可能性も捨てきれない

○あの世界樹が思考を持つという可能性も捨てきれない

×別にこの結果を張ったものと対立しているわけではない。

○別にこの結界を張ったものと対立しているわけではない。
  1. 2011/03/07(月) 13:41:37 |
  2. URL |
  3. 法皇の緑 #mc9/rPhk
  4. [ 編集]

誤字報告ありがとうございます。
指摘部分の訂正を行いました。
  1. 2011/03/21(月) 18:02:42 |
  2. URL |
  3. 別所有人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sajokobo.blog22.fc2.com/tb.php/104-4a159ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

砂上工房(まーちん、亜枝月彦、別所有人)

Author:砂上工房(まーちん、亜枝月彦、別所有人)
リンクフリーです!
相互リンク大歓迎です!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンクツリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。